COCU/菊名駅>ブログ>伊坂幸太郎 殺し屋シリーズ

伊坂幸太郎 殺し屋シリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伊坂幸太郎 殺し屋シリーズ

こんにちは、COCU森です。

まだまだ暑いですがそろそろ読書の秋。


今回は伊坂幸太郎の「殺し屋」シリーズから、

記念すべき第一作目「グラスホッパー」の紹介です。

このシリーズはグラスホッパー(2004年)、マリアビートル(2010年)、AX(2014年)の順番で出てます。

さてグラスホッパーですが、殺し屋シリーズの名の通り裏社会の話です。


主な登場人物は殺し屋3人、一般人1人。この時点でかなり物騒です。

妻のカタキを狙うため裏社会に入る主人公、元教師・鈴木。

他人の精神をうつ状態にして追い込む能力を持つが、自らも精神的に病んでいる大柄な男・鯨(くじら)。

驚異の身体能力を持つナイフ使いの殺し屋・蝉(せみ)。

そして「押し屋」と呼ばれる作中最強の殺し屋・槿(あさがお)。


かなり殺伐とした話かと思いきや、殺し屋達の日常パートは意外と静かで穏やかです。

しかし一旦仕事モードに入ると物凄い働きを見せます。このメリハリも魅力ですね。


あらすじは主人公が復讐を横取りされた結果、押し屋の身辺を調査し始め、そこに鯨、蝉の二人が絡んでいきます。

バラバラの話がだんだん交差し収束していくのがとてもスピーディーに書かれているので一気に読めて楽しいと思います。

アクション要素、サスペンス要素が強い作品だと思いますがもう1つ読む上で注目してほしいのが、

主人公鈴木の体験する、序盤の「信号の点滅が止まらない」現象。

そして最後の「それにしてもこの列車、長くないか?」という「列車がなかなか通りすぎない」現象を踏まえて物語全体を振り返ってみると、

また少し印象が変わるのでそちらも是非。



個人的にはよく喋る「蝉」が格好良くて好きでした。


殺し屋業界という日常ではあまり馴染みの無い世界。


「あり得ないけど、あり得そう」な絶妙なフィクション性が面白い本です。



この本が気に入ったら、次はよりエンタメ感の強い二作目「マリアビートル」もオススメです。更に殺し屋達のスーパーバトルが凝縮されています。こちらも是非。


森 陽一

森 陽一

Written by:

専門学校時代に代表の絹笠と出会う。都内数店舗、神奈川県内数店舗で勤務した後「COCU」を絹笠と設立。

柔らかな人間性、確かな技術から多くの支持を集める。

カウンセリングを通して、独自の似合わせ理論、美容知識を生かして綺麗にします。

髪を綺麗にキープしたい方。

スタイルチェンジを考えてる方。

似合うヘアスタイルが分からない方。

なかなか希望が伝わらない方。

美容室でゆっくりしたい方。

自分で決めきれないちょっと優柔不断な方。

ぜひ一度いらして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森 陽一は、こんな記事も書いています。

  • ハイパーハードボイルドグルメリポート 食うこと、すなわち生きること。

    ハイパーハードボイルドグルメリポート 食うこと、すなわち生きること。

  • フェイスフレーミング×ハンサムショート

    フェイスフレーミング×ハンサムショート

  • ミディアムからショートにバッサリカット

    ミディアムからショートにバッサリカット

  • 伊坂幸太郎 殺し屋シリーズ

    伊坂幸太郎 殺し屋シリーズ

  • COCUオススメのアウトバストリートメント まとめ

    COCUオススメのアウトバストリートメント まとめ

  • 様々な髪質を理想的な質感に FLODEA コントロールエマルジョン

    様々な髪質を理想的な質感に FLODEA コントロールエマルジョン

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2020 cocu All rights reserved.

"